ジオリファレンス

Georeference

MapTiler Desktopを用いて、位置情報を持っていない画像を地図に重ね合わせる方法(ジオリファレンス)を紹介します。



  1. MapTiler Desktopを開き、対象となる画像をドラッグ&ドロップします。 1

  2. 画像に位置情報を与える方法を選択します。今回は視覚的にジオリファレンスを行うことができるASSIGN LOCATION VISUALLY (GEOREFERENCER)を選択します。 2

  3. 左側に参照マップ、右側に取り込んだ画像が表示されます。 3

  4. 画面左上に検索ボタンがあります。地名を入力してクリックすると、選択した場所に参照マップがズームします。検索はオートコンプリートで行うことができます。 4

  5. 地図をクリックするとピンが表示されるので、両方の画像で一致するように手動で修正します。ピンの移動は右側の矢印ボタンをクリックしてドラッグ、取り消しは下側の×ボタンをクリックします。ピンは最低でも3箇所に設定する必要があります。 5

  6. ある程度ピンを打ったら、マップ上部に表示されているOverlayをクリックしてみます。マップと画像を重ね合わせて確認することができます。 6

  7. マップ上部のCoordinatesをクリックすると、入力したポイントのずれを確認できます。Side by sideをクリックして元の画面に戻り、ピンをクリックするとピン位置を修正することができます。 7

  8. マップ上部のClipをクリックすると、画像の部分切り取りが可能になります。不要な余白がある場合はここで調整可能です。 8

  9. 入力が完了したら、右下のCONTINUEをクリックします。次の画面では、右側のメニューで座標系などの設定ができます。 9

  10. 設定が完了したら、右下のEXPORTをクリックして次の画面に移動します。移動後の画面では、出力の形式を選択できます。今回はGeoPackageを選択します。 10

  11. 右下の CONTINUEをクリックすると出力の設定画面に移動します。 11

  12. 右下のRENDERをクリックすると出力先の指定ができます。任意のパスおよびファイル名を指定します。

  13. 指定後、作成したGeoPackageがレンダリングされます。左下のChange basemapから任意の地図を選択すると、出力したデータと地図を重ねて表示できます。 12